中小企業の経営者様

これからの時代、特許・商標をはじめとする知的財産権の問題は避けて通ることはできません。これからますます発展していく企業様にとっては必須の知識です。
このページをご覧の経営者様は、知的財産に関してなんらかのご興味や必要性を感じていることと思います。
特許事務所や弁理士の選択は非常に難しいと思いますので、特許事務所や弁理士とのお付き合いがあまりない中小企業の経営者様向けに、特許事務所や弁理士の選択の重要性について記載してみました。
参考にしていただければ幸いです。

特許事務所の選択の重要性

多数の出願を行う大企業とは異なり、中小企業の行う特許出願や商標出願は、1件、1件すべての案件が非常に重要度の高いものだと思います。
このような非常に重要な案件を任せる特許事務所(弁理士)の選択は非常に重要です。

ところで、弁理士業界の現状ですが、近年の弁理士試験簡略化による弁理士の急増等の影響から、個々の弁理士の経験・知識の差が大きくなってきております。そして、この弁理士の行う業務内容は、個々の弁理士の力量に依存するところが非常に大きく、これは中小企業の経営者様の想像をはるかに超えるものであると思われます。

例えば特許の場合、弁理士の力量によって、すばらしい発明の価値が半減してしまうこともありますし、反対に、当初の発明の価値以上の特許が生まれることもあります。
正確とはいえないかもしれませんがイメージしやすく表しますと、

特許の価値 = 発明の価値 × 弁理士の力量(ex.0.5~1.5倍)

と表現できると思います。
すなわち、特許事務所(弁理士)の選択を誤ると、多くのお金と労力をかけて完成させた価値のある発明がその価値を激減させてしまうことにもなりますし、適切な特許事務所(弁理士)の選択により、より強固な権利を獲得することができるということにもなります。

他方、商標の場合、単純な案件であればどの弁理士でも同じ出願内容となり、結果として大差は生じない場合もありますが、実際はそのような単純なケースは少なく、出願前に行われる「指定商品・役務」の決定、商標の「識別性」、「類否」の判断は微妙な場合が多く、この判断を誤ると、無意味な出願を行うことになってお金・時間・労力を無駄にするばかりか、仮に権利取得できたとしても、本来取得すべきものとは異なる「指定商品・役務」を指定して権利取得したために実効性のない商標権を得ているというケースもあります。

このように弁理士の行う業務内容は、個々の弁理士の力量に依存するところが非常に大きいものですので、特に中小企業が行う1件、1件が非常に重要な案件については、経験が豊富で業務のクオリティーを重視した特許事務所(弁理士)をお選び頂くことをお勧めいたします。
なお、規模の大きな特許事務所を選んだとしても、当然に、担当弁理士の力量によりますので(資格を持たない技術者等が業務の大部分を担当する場合もあります)、どのような経歴の方が担当するのか予め確認しておくことをお勧めいたします。

ご案内

ここまでお読み頂いた中小企業の経営者様は、特許・商標等の知的財産に関してなんらかの必要性を真剣に感じていることと思います。
当事務所は、中小企業様のご活躍が日本の成長に大きく貢献すると考えており、中小企業様を応援したいと考えております。
したがいまして、このご案内を見て初めてお問い合わせ頂く企業様(個人事業主の方も可)には、30分の無料相談を承ります。
30分のご相談で、複雑な案件でなければある程度の方向性は示すことができますので、ご遠慮なくお気軽にお問い合わせください。
なお、お問い合わせの際に、「無料相談希望」の旨をお伝えください。

更新日:

Copyright© 高津国際特許事務所|特許・商標登録・意匠登録に強い九州福岡の特許事務所(弁理士) , 2018 All Rights Reserved.